肥効調節型肥料(ハイパーCDU)利用による省力・環境保全型軟弱野菜の安定生産技術確立試験

肥効調節型肥料(ハイパーCDU)利用による省力・環境保全型軟弱野菜の安定生産技術確立試験

県名大阪府
研究機関名大阪府立食とみどりの総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜17
年度2004
研究対象共通
概要化学合成窒素肥料であるCDUは、土壌微生物相改善機能を持つ特殊な緩効性肥料として数多くの場面で使用されてきた。このたび、窒素成分の効率的な供給を目指して、肥効期間の異なる2種類の新しいタイプのCDU化成肥料(ハイパーCDU化成肥料)が開発されたので、これらを用いてシュンギク等の軟弱野菜の省力かつ環境保全型の安定生産技術を確立する。
研究分担都市農業部・省力生産G
戦略園芸、環境
予算区分受託(民間)
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111900
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat