UASBメタン発酵におけるグラニュール形成に関する研究

UASBメタン発酵におけるグラニュール形成に関する研究

県名大阪府
研究機関名大阪府立食とみどりの総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16
年度2004
研究対象共通
概要UASB(嫌気性上向流方式)メタン発酵処理は、リンを効率よく除去でき、また、発生する汚泥量が少ない排水処理技術として注目されているが、農業・食品産業排水のような低濃度排水における処理技術は確立していない。UASBメタン発酵処理において、低濃度負荷、pHや温度の変化がグラニュールの形成に及ぼす影響について調べ、環境負荷低減化技術確立に寄与する。
研究分担みどり環境部・水質環境G
戦略環境、農山漁村
予算区分受託(民間)
専門環境
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111933
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat