地産地消を目指した農産物流通システムとマーケティングに関する調査研究

地産地消を目指した農産物流通システムとマーケティングに関する調査研究

県名大阪府
研究機関名大阪府立食とみどりの総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
研究対象共通
概要地産地消に取り組む大阪府内の先進事例調査や意向調査等を行い、地産地消の今日的意義やそれが果たす多面的役割について解明する。また、地産地消を推進する上で制約となる要因や今後の展開方向を明らかにする。それらを基に、大都市において地産地消を推進するための流通システムと産地・生産者のマーケティング手法について検討する。
研究分担都市農業部・都市園芸G
戦略農山漁村
予算区分府単
専門経営
部門共通
業績(1)なにわの伝統野菜「水なす」はこうして全国展開を成し遂げた!
(2)「大阪エコ農産物」取扱業者の実態と評価
(3)大阪エコ農産物の流通の現状と取扱業者の意向
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030111963
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat