関西空港2期事業に係るモニタリング調査(浮魚類現存量調査)

関西空港2期事業に係るモニタリング調査(浮魚類現存量調査)

県名大阪府
研究機関名大阪府立水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2004
概要関西空港島2期造成事業に伴い、空港島周辺域における浮魚類の現存量や分布域がどのように変化するかを明らかにするために、水産試験場調査船に装備された計量型魚群探知機を用いて、空港島周辺海域に設けた調査定線上を航行し、収集した魚群反応から分布様式、現存量等を算出した。その結果、2期島造成前後で浮魚類の分布様式に違いが見られ、この原因として関空島近傍での流れの変化が影響している可能性が示唆された。
研究分担生物環境研究G
戦略環境、水産
予算区分受託
専門水産環境
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112011
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat