人工干潟の生物保育能調査

人工干潟の生物保育能調査

県名大阪府
研究機関名大阪府立水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜17
年度2004
概要大阪湾は、大規模な埋立により水生生物の幼稚仔保育場である浅場がほとんど残っていない。そこで、その回復を目的として、岸和田市の埋立地に新たに人工干潟を造成した。本研究では、そこに出現する幼稚魚や大型甲殻類を毎月調べ、人工干潟の生物保育能を明らかにする。
研究分担企画調整G
戦略環境、水産
予算区分受託
専門水産環境
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112013
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat