かき・もも等産地活性化技術の開発

かき・もも等産地活性化技術の開発

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センター果樹試験場かき・もも研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
研究対象カキ・モモ
概要カキ「太秋」は食味は良好であるが、樹齢の進行とともに雄花が着生しやすい欠点がある。そこで、隔年交互結実など安定的着果管理法の開発する。モモでは、近年早生〜中生品種に核割れが多発し、販売上の大きな問題点になっているため、発生要因を解明して、適正な適果法などを開発し、核割れ発生防止マニュアルを作成する。
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
業績(1)カキ’太秋’の隔年交互結実栽培
(2)カキ「太秋」の主幹形整枝隔年交互結実による軽労化と安定栽培
(3)カキ「太秋」の安定生産
(4)カキ・太秋に関するアンケート調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112124
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat