産地いきいき健康エンドウ生産技術

産地いきいき健康エンドウ生産技術

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センター暖地園芸センター
課題種別試験研究課題
研究期間H15〜17
年度2004
研究対象エンドウ
概要1.目的:本県の特産品目の実エンドウ新品種「紀の輝」の栽培管理技術を開発するとともに「きしゅううすい」の生産安定技術を確立する。2.計画:実エンドウ「紀の輝」の栽培管理技術。実エンドウ「きしゅううすい」の多収生産技術。実エンドウ「きしゅううすい」の品質不良莢等の発生要因の解明とその対策。品質成分分析。3.期待される効果:実エンドウ「紀の輝」の栽培管理技術の確立と産地定着化、実エンドウの収量30%アップ・品質不良莢の発生を10%から2%に低減、作業量20%削減・機能性成分の分析。4.得られた効果:「紀の輝」夏まき年内どり作型では、初花着生7日後から4回に分け追肥を行うことで高品質・多収となる。「紀の輝」露地秋まき春どり栽培では、10月25日頃の播種が適当。日照不足を想定した遮光により、正常子実の減少が認められ、特に初期の遮光で空気莢の発生が多くなった。冬春どり作型等での植物体の養分吸収。5.残された問題点:施肥技術の改善、環境条件と空気莢発生要因の解明、各作型における機能性成分の分析・評価。
研究分担園芸部
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112132
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat