多元的な資源管理型漁業推進対策

多元的な資源管理型漁業推進対策

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センタ−水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
研究対象タチウオ、イサキ、イセエビ
概要目的:(タチウオ)改良網の普及、推進により小型魚の保護を図る。 (イサキ)資源の現状を明らかにするため、漁業実態調査、遊漁船調査等を実施する。また、調査結果を基に資源管理計画を作成する。 (イセエビ)資源の現状を明らかにするため、漁業実態調査、市場調査等を実施する。また、漁獲物の流通・販売状況を把握するため、入札価格、蓄養状況等を調査する。 結果の概要:(タチウオ)箕島町漁協において、試験操業の結果等を漁業者検討会で報告した。 (イサキ)田辺漁協、南部町漁協等で約3万尾の体長測定を行った。また、御坊市漁協を中心に遊漁船調査を行った。 (イセエビ)下田原漁協、宇久井漁協等において市場調査を実施した。漁期前半の漁獲は好調であったが、単価は低迷した。
研究分担浅海資源部
戦略水産
予算区分県単
専門水産資源
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112165
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat