湖山池環境負荷削減事業

湖山池環境負荷削減事業

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
研究対象水稲
概要 湖山池に直結する河川及び排水路並びに林地からの汚濁物質流入量を調査し、 農林業からの汚濁負荷の実態把握に取り組むとともに、施肥削減技術の現地実証により汚濁負荷削減効果を確認し、環境にやさしい農業の普及と湖山池の水質浄化を図ることを目的に実施した。(1)育苗箱窒素全量施肥法を良田、長柄、金沢の現地で実証した結果、収量性についてはほぼ慣行と同等かそれ以上となった。(2)長柄、良田両地区エリア調査における平成15、16年の主な水質成分濃度の推移を見ると、ほ場からの排水により水質への負荷が生じやすいのは、代かき〜移植前後の作業時期と考えられた。(3)育苗箱窒素全量施肥法を導入し、リン酸、加里をほ場に施用した金沢地区の平成16年度ほ場調査では、当技術の導入によりこの頃の排水中負荷成分が同等〜軽減される傾向が認められた。軽減に関しては、特に窒素成分に関して顕著であり、中でも無機態(アンモニア態)窒素が顕著であった。(4)育苗箱窒素施肥を行い、リン酸・加里を施用しないほ場での移植前排水中の主な負荷成分調査を平成16年度場内試験でも実施した。この場合、無機態成分の軽減傾向は金沢ほ場と同様と考えられたが、一方でSS成分の増加に伴うと思われるT-N濃度増加の兆候が見られた。(5)これらのことから、育苗箱施肥技術を導入し適正な施肥管理を行うこと、代かき時の水量を制限し、この頃から移植時期にかけて適正な水管理を行うこと等により、ほ場外への汚濁物質流出による水質負荷の軽減につながるものと考えられた。なお、土壌中有機物が多く排水時に懸濁物が流出しやすいほ場では、基肥時の塩化物肥料施用を考慮する必要があると考えられた。
研究分担環境研究室
戦略環境、土地利用型農業
予算区分県単
専門土壌肥料
部門水稲
業績(1)育苗箱窒素全量施肥法による汚濁物質流出削減効果の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112209
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat