水稲の有機栽培・減農薬栽培における病害防除対策試験

水稲の有機栽培・減農薬栽培における病害防除対策試験

県名島根県
研究機関名島根県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜19
年度2004
研究対象水稲
概要米政策改革大綱の実施により、産地では売れる米の生産が求められ、地域の特色ある米作りとして新JAS法による有機栽培や一層の減農薬栽培が取り組まれている。これらの栽培法の生産安定のために、無病主枝生産技術の確立、生物農薬の効果的な使用方法の検討、及び長期持続型育苗箱施薬剤に対する薬剤耐性菌検定等を行い、病害(いもち病、紋枯病、ごま葉枯病、ばか苗病、もみ枯細菌病等)防除体系の確立を目指す。
研究分担病虫G
戦略環境
予算区分県単
専門病害
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112359
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat