乳用牛における乳房炎の発生要因と防除対策に関する研究

乳用牛における乳房炎の発生要因と防除対策に関する研究

県名島根県
研究機関名島根県立家畜衛生研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H14〜16
年度2004
研究対象乳用牛
概要乳用牛の多発疾病として乳房炎が挙げられるが、本病については抗菌性物質の乱用による耐性菌の出現と日和見感染が大きな課題であり、畜産物の生産性向上と安全性の観点から早期の対策が必要である。これまでの調査結果から、乳房炎の主な原因菌である黄色ブドウ球菌(Sa)の莢膜が重要な発生要因であることが推察された。今後は供試菌株を増やすことで、薬剤感受性分布を把握すると共に大腸菌も含めた乳房炎の簡易な診断法を確立する。
戦略畜産
予算区分県単
専門家畜衛生
部門
業績(1)H16年度島根県畜産関係機関業績発表会
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112387
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat