共役リノール酸を強化した畜産物生産技術の開発

共役リノール酸を強化した畜産物生産技術の開発

県名岡山県
研究機関名岡山県総合畜産センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2004
研究対象乳用牛、肉用牛
概要 蒜山酪農農業協同組合育成牧場のジャージー種去勢牛45頭について、各種遺伝子型を解析した。その結果、GHについては解析した27頭のうちAA型が6頭、AB型が14頭、BB型が7頭であった。また、ミトコンドリアDNAについては、解析した42頭のうちヨーロッパ型36頭、インド型6頭であった。SCDは、解析した38頭のうちAA型33頭、AG型4頭、GG型1頭であった。
研究分担経営開発部
戦略畜産
予算区分県単
専門飼養管理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112526
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat