家畜尿汚水の機能性液肥化技術の開発

家畜尿汚水の機能性液肥化技術の開発

県名岡山県
研究機関名岡山県総合畜産センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
研究対象乳用牛
概要 水田への牛尿多量施用時に発生する臭気の低減法を室内試験において検討し、実証試験において農家が取り組みやすい方法として曝気処理の効果を検証した。臭気低減法に関しては、牛尿にリン酸を添加し中和することでアンモニアの揮散を抑制できた。また、曝気処理はアンモニアの揮散が増加したものの、硫黄系の臭気を抑制することができた。さらに、曝気処理とリン酸添加を組み合わせることでアンモニア及び硫黄系の臭気を抑制することができた。しかしながら、実証試験では曝気処理による牛尿施用時の臭気低減効果は確認できなかった。また、実証試験では牛尿多量施用によりイネの倒伏が見られたが、多量施用による飼料成分への悪影響や3年間の牛尿連用によるカリの土壌蓄積は認められなかった。
研究分担環境家畜部
戦略環境
予算区分県単
専門環境
部門
業績(1)飼料イネに対する牛尿の多量施用試験
(2)家畜尿汚水の飼料イネ水田への有効利用
(3)家畜尿汚水の飼料イネ水田への有効利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112542
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat