肉用牛の改良促進調査研究  −BLUP法アニマルモデル  による育種価評価−

肉用牛の改良促進調査研究  −BLUP法アニマルモデル  による育種価評価−

県名岡山県
研究機関名岡山県総合畜産センター
課題種別事業課題
研究期間平元〜
年度2004
研究対象肉用牛
概要 岡山和牛の枝肉形質の遺伝的な改良を推進するため、BLUP法アニマルモデルによる育種価を推定し、種雄牛並びに繁殖雌牛の選抜に活用した。
 枝肉成績を持つ個体は14,760件であり、各形質の平均を見ると、枝肉重量428.0kg、ロース芯面積50.9cm3、BMSNo.4.9であり、と畜月齢は28.8カ月齢であった。
育種価の判明個体数は、種雄牛が597頭、繁殖雌牛が13,398頭の計13,995頭であった。
 近年の育種価の趨勢を見ると、各形質ともほぼ順調な改良が進んでいる。
研究分担和牛改良部
戦略畜産
予算区分県単
専門育種
部門
業績(1)肉用牛の改良促進調査研究(VI) −アニマルモデルによる育種価の推定−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112549
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat