抵抗性クロマツの交雑育種−胚培養による増殖技術の開発−

抵抗性クロマツの交雑育種−胚培養による増殖技術の開発−

県名岡山県
研究機関名岡山県林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜16
年度2004
概要既存の抵抗性クロマツ同士を交配してできた種子を胚培養し、養成した苗をマツノザイセンチュウを接種検定してさらに抵抗性の強いクロマツを選抜・育成するため、種子の胚培養技術の開発を行った。(i)平成14年度に交配し、平成15年度に採取した冷蔵庫(5℃)保存していた6家系の抵抗性クロマツの種子を、殺菌した。種子は風乾した後胚を摘出した。培養初期の雑菌汚染は3%と低率だった。(ii)その後、6月から12月までの6か月間活性炭5g/lと植物ホルモンを含む寒天培地で培養し、発芽を誘導し、455個の芽を得た。(iii)液体肥料と殺菌剤の混合液を、前年度発根した培養苗に与えながら7日間室内環境適応処理を行ったところ、順調に成育した。 
研究分担業務部
戦略森林・林業・木材産業
予算区分県単
専門バイテク・キノコ
業績(1)抵抗性クロマツの交雑育種
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112564
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat