産地活性化を狙った県独自性の高いカンキツ類の新品種育成

産地活性化を狙った県独自性の高いカンキツ類の新品種育成

県名広島県
研究機関名広島県立農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H10〜22
年度2004
研究対象マンダリン、ハッサク
概要消費が伸び悩むカンキツ産業を活性化するため,新品種の育成が望まれている。マンダリン(ミカンタイプ)は,12〜1月に出荷できる高付加価値品種が極めて少ない。ハッサクは皮が剥きにくく,大玉になると種子が多くなる等食べにくいという欠点がある。マンダリンは12〜1月出荷の年末年始用で,果皮が鮮紅色で種子がなく,高糖度(Brix12%以上)の良食味品種を育成する。ハッサクに代わる品種(ハッサクタイプ)は種子が無く,酸味を抑えた食べやすい新中晩柑類を育成する。
研究分担生物工学、常緑果樹
戦略園芸
予算区分県単
専門育種
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112630
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat