特産作物ウイルス病等の診断技術の開発

特産作物ウイルス病等の診断技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16
年度2004
研究対象ワケギ、カンキツ
概要ワケギはウイルスフリー原々種,原種圃におけるウイルス再感染株の迅速な除去がコスト,技術面で困難となっている。カンキツは新品種デコポン等の栽培拡大に伴い,ウイルス等を保毒したと疑われる穂木が高接ぎされ,樹勢低下の一因となっていることが報告されている。ワケギでは迅速で簡単,安価なウイルス診断法を開発し,ウイルスフリー原々種,原種の安定供給に役立てる。カンキツでは主要品種について遺伝子診断等による迅速な検出手法を用いてウイロイドおよびウイルスの罹病実態を明らかにし,蔓延防止に役立てる。
研究分担生物工学、常緑果樹
戦略園芸
予算区分県単
専門病害
部門果樹、野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112653
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat