熱圧成型によるスギ材面加工技術の開発

熱圧成型によるスギ材面加工技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2004
概要[目的]県産スギ材の需要拡大と木材産業の経営基盤の強化を図るため,当技術センターが保有する「材面凹凸形状圧密加工」の基盤技術を基に,熱圧成型でスギ板材に装飾を施し,材面硬化及び耐摩耗性に優れた壁材,床材等の内装材加工技術を開発する。[全体計画] (1)スギ厚板材を熱圧成型で装飾を施す技術開発 (2)板材に染料を注入し,着色させ木目を表す調色技術開発[成果の概要(16年度)] (1)高含水率のスギ材を汎用ホットプレス機により高圧縮する技術を開発した。 (2)表層圧密度と内部圧密度の差による木目変化で装飾が可能であることを確認した。 (3)安全性を考慮し,食品添加物に指定された染色性に優れ熱変色しにくい染料を見出した。 
研究分担資源利用部
戦略森林・林業・木材産業
予算区分国庫補助(林野庁)
専門木材加工
業績(1)スギ材の材面改良による内装部材化開発
(2)木材圧密処理方法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112675
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat