1. 水産増養殖(2)かき養殖 (iii)夏場のかき活力向上技術研究

1. 水産増養殖(2)かき養殖 (iii)夏場のかき活力向上技術研究

県名広島県
研究機関名広島県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜18
年度2004
研究対象かき
概要現場の養殖漁場の調査と室内実験により、環境じょうけんとかきの生理状況の関連を究明し、へい死を未然に防ぎ、品質向上を図る養殖技術を開発する。○計画:(i)室内活力評価試験 かき活力評価指標の検討、貧酸素耐性による活力判定 (ii)漁場でのかき生理状況モニタリングとしてかきの成熟、産卵状況、漁場監視システム構築してリアルタイムの観測を行う。○期待される成果:かきの活力の評価ができれば、環境条件、成熟などの生理状況と活力の関連が明らかになり、かきのへい死を未然に防止のための対策が可能となる。○得られた成果:肥満度の高いかきが次の産卵にかけて成熟する時期にへい死する傾向が強く見られた。血清タンパクと見入り度の関連が見られた。○成果の引渡し先:かき養殖業者
研究分担かき研究部
戦略水産
予算区分国庫補助
専門水産増殖
部門海洋
業績(1)広島かき生産改善技術研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112690
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat