山口県における小麦有望系統の品質・収量の高位安定化栽培技術の確立

山口県における小麦有望系統の品質・収量の高位安定化栽培技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H11〜16
年度2004
研究対象小麦
概要○目的:高品位安定栽培法の開発や低品質の要因解明とともに需要拡大に向けた新規用途開発 ○期待される成果:有望系統の適性生育量の把握による栽培培技術確立等による、地域や品種等に応じた技術確立。 ○得られた成果:本県に適した有望2品種を選定し、栽培技術を確立。品質向上のための追肥技術を確立 ○その他:赤かび病等の解決の迅速化による品質の安定向上が必要
研究分担栽培技術部
戦略土地利用型、作物育種
予算区分県単
専門栽培生理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112735
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat