水田畦畔・法面の省力管理技術の確立

水田畦畔・法面の省力管理技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
概要○目的:雑草抑制効果の長期維持と省力管理草種への効果的な植生誘導技術の確立 ○期待される成果:新たな資材の効果確認とともに地域等に応じた抑草効果・被覆条件を解明し、一層の省力管理を図る ○得られた成果:日本芝「みやこ」の長期抑草効果及び省力効果を確認。既存畦畔へのセンチピードグラスの植生誘導技術の確立
研究分担徳佐分場
戦略土地利用型、農山漁村
予算区分県単
専門環境
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112740
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat