多元的な資源管理型漁業の推進事業(外海)

多元的な資源管理型漁業の推進事業(外海)

県名山口県
研究機関名山口県水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間H15〜16
年度2004
研究対象魚類
概要 はえ縄漁船が東シナ海から撤退し、近年、山口県沖におけるあまだい類への漁獲圧は高まっている。また、トラフグが国による「資源回復計画」の対象種となり、兼業種としてのあまだい類への漁獲圧はさらに高まる可能性がある。このため早急に資源管理に取り組む必要がある。漁獲量が減少する中、資源管理(漁獲規制)に伴う痛みを軽減させるため、漁獲物の品質向上を図り、収入の増加を目指す必要がある。これまで知見の乏しかった山口県沖におけるあまだい類の漁獲実態、産卵・成熟等の生物特性を明らかにし、「資源回復計画」の策定に必要な資料を提供することができた。漁獲直後に〆、血抜きを行い、速やかに冷却する方法が、品質保持に優れていること、および水氷の塩分濃度は1%がよいことを明らかにし、漁業者への普及を図った。移動水産研究センターでこれらの成果を漁業者に発表した。あまだい類の漁獲実態についてとりまとめた結果を当センターの研究報告第3号に発表した。
研究分担外海研究部
戦略水産
予算区分国庫補助
専門水産資源
部門海洋
業績(1)DMSP/VNIRによる夜間の海の輝度分布とレーダ観測による漁船分布の比較
(2)多元的な資源管理型漁業の推進事業(あまだい類)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030112854
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat