堆肥化シートによる良質堆肥生産技術の確立

堆肥化シートによる良質堆肥生産技術の確立

県名香川県
研究機関名香川県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜17
年度2004
研究対象共通
概要目的:「堆肥化シート」は、低コストで容易に利用できることから普及が期待されている。そこでこの「堆肥化シート」を使って良質な堆肥を生産する技術の確立を図る。得られた成果:現在市販されているシート3種類とブルーシートで堆肥発酵状況の比較試験を実施し、通気性ポリプロピレンシートが最も効果が高いことが分かった。残された問題点:シートによる堆肥発酵を行なううえで、最適な水分条件や発生する臭気の軽減対策を検討する必要がある。
研究分担飼料・環境
戦略畜産・環境
予算区分県単
専門環境
部門その他の家畜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113056
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat