4 イチゴリレー出荷栽培技術開発試験(1)早期収穫技術の検討(i) 育苗技術の検討

4 イチゴリレー出荷栽培技術開発試験(1)早期収穫技術の検討(i) 育苗技術の検討

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜18
年度2004
研究対象イチゴ
概要 平坦地でのイチゴ栽培は、通常9月に定植し12月から収穫を開始、翌年5月まで収穫する作型であるが、6月以降は気温上昇により花芽分化が安定せず、また、価格安の原因となる品質低下が生じるため、6月以降の作期延長が困難となっている。一方、中山間地域では夏場、平坦地に比べ冷涼な気候にあり、その立地条件を生かすことにより、平坦地で収穫が困難な時期に高品質のイチゴを収穫でき、平坦地と中山間地によるリレー栽培が可能となる。そこで、愛媛農試が開発したハンモック型高設栽培システムを用い、8月に定植し10月から収穫可能な早期収穫技術、冬季の休眠回避技術及び高温となる後期の高品質果実生産技術を開発する。 
研究分担中山間農業室、栽培開発室
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門農業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113130
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat