持続的森林管理システム開発研究

持続的森林管理システム開発研究

県名愛媛県
研究機関名愛媛県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2004
概要 持続的森林管理システム開発のため、小面積皆伐地における伐採搬出および更新方法について以下の調査を実施した。・伐採搬出関係 上浮穴郡久万高原町内の民有林において、スギ67年生、平均胸高直径32cm、立木密度570本/haの林分において、小面積皆伐区(15m*25m)と単木伐採区を設定し、伐出の生産性や経費を比較した。その結果、生産性は小面積皆伐区(5.3m3/人日)>単木定性間伐区(3.8m3/人日)となり、小面積皆伐区が約1.4倍高かった。また、経費については小面積皆伐区(4,200円/m3)>単木定性間伐区(5,700円/m3)であった。・更新関係 久万高原町有林に設定した小面積皆伐区・間伐区・無間伐区の試験区において、(i)植栽木の成長量(ii)表土流亡量(iii)下草の繁茂状況の調査を実施した。 (i) 植栽木の成長量:植栽後1成長期しか経過していないため、明確な差は生じていないが、光環境の悪い間伐区で成長が小 さい傾向を示した。 (ii) 表土流亡量:降雨量の影響はやや生じているが、施業(皆伐・間伐)の影響は認められなかった。 (iii) 下草の繁茂状況:各試験区で5m四方のプロットを設置し、H=0.3m以上の草本を採取し、絶乾重量を測定したところ、15m区で73g、20m区で162g、25m区で310g、間伐区で29gであった。なお、伐採後1年ということもありいずれも下刈りの必要性はなかった。
研究分担研究指導室
戦略森林・林業・木材産業
予算区分国庫補助(農林水産省)
専門植物生態
部門保育施業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113291
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat