メタン及び亜酸化窒素の吸収・排出量と施業影響の評価研究

メタン及び亜酸化窒素の吸収・排出量と施業影響の評価研究

県名愛媛県
研究機関名愛媛県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜17
年度2004
概要 2002年8月に3つの試験地(無間伐区、通常間伐区、小面積皆伐区)を設置し、2002年8月から2005年3月までの2年半、地温・土壌水分を測定し、温暖化効果ガスである二酸化炭素・メタン・亜酸化窒素は、土壌ガスを採取し、森林総研に送付した。 2003年8月下旬〜9月上旬に通常間伐と小面積皆伐を実施した(持続的森林管理システム開発研究と同じ試験地) 1)土壌タイプでは黒色土はガス交換能が高く、樹種でもヒノキはガス交換能が高いことが示された。2)皆伐により表層地温が上昇し、間伐により土壌含水率が上昇した。この観測結果より、施業により土壌環境が変化することを具体的に示すことができた。3)森林土壌からのCO2発生量は、地温に依存し夏場多く発生し、CH4の吸収量も夏場多くなった。しかし、N20は、突発的な発生がある一方大部分は測定限界以下の発生量であった。 以上より森林土壌の温暖化防止機能が評価された。
研究分担研究指導室
戦略環境、森林・林業・木材産業
予算区分受託(独行法)
専門森林機能・防災
部門森林土壌
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113305
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat