液体受粉による特産果樹の省力受粉技術の確立

液体受粉による特産果樹の省力受粉技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜18
年度2004
研究対象ナシ
概要近年、キウイフルーツ用に開発された新規液体増量剤を改良するとともに液体受粉に適した噴霧器を開発し、リンゴ、ニホンナシ等我が国の主要果樹で実用可能な受粉技術を確立することにより、受粉作業の大幅な省力化を実現する。本研究では、独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構果樹研究所が中核機関となり、共同機関に愛媛県立果樹試験場、秋田県果樹試験場、和歌山県農業水産総合技術センター果樹試験場かき・もも研究所、松下電池工業株式会社が主要果樹における液体受粉技術の実用化を検討する。高知県はこの中でニホンナシを検討する。
研究分担落葉果樹科
戦略園芸
予算区分受託(農水)
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113428
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat