人工林の低コスト育林施業の体系化と環境保全機能への影響調査

人工林の低コスト育林施業の体系化と環境保全機能への影響調査

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜16
年度2004
概要低コスト育林施業の体系化と環境保全機能への影響を調査することを目的として、強度間伐や列状間伐等の育林施業のもたらす造林木の成長量等への影響や下層植生・土壌等への環境保全機能への影響について明らかにする。低コスト育林施業の体系化を図り、技術指針として行政機関などを通じて活用していくことが課題である。
研究分担森林環境部
戦略森林・林業・木材産業
予算区分県単
専門林業
部門林業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113447
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat