適正な竹林管理と竹林の低コスト生産に関する研究

適正な竹林管理と竹林の低コスト生産に関する研究

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2004
概要放置竹林の適正管理が求められており、また再生速度の速い生物資源として竹林の利用が期待されている。竹材生産を目的にした竹林管理技術について検討し、国土の保全および循環可能な資源の供給に寄与する竹林の管理マニュアルの作成を行う。竹林伐採による環境の変化や低コストな竹林伐採方法に関する基礎データを収集した。本研究の成果を既存の知見とともに整理し、高知県内、特に中央部で利用できる竹林管理のマニュアルを作成する。 
研究分担森林環境部
戦略森林・林業・木材産業
予算区分県単
専門林業
部門林業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113455
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat