間伐材を用いた木製構造物による河川環境の改善に関する研究

間伐材を用いた木製構造物による河川環境の改善に関する研究

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2004
概要河川環境の改善を目的とし、魚類等の水生生物が生息しやすく、流域住民等の親水利用が図られる川づくりを目指す。このため、従来の治水、利水機能だけでなく、生態系にも配慮した間伐材や自然石を利用した河川構造物として落差工を設計・試作および施工した。今後は構造物の耐久性や魚類等の水生生物の生息状況を調査し、河川環境の改善効果を検証する。
研究分担資源開発部
戦略森林・林業・木材産業
予算区分県単
専門林業
部門林業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113457
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat