遺伝子組換えによるキクの育種

遺伝子組換えによるキクの育種

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜22
年度2004
研究対象キク
概要 キクでは、ミカンキイロアザミウマの被害とこれが媒介する黄化えそ病(TSWV)やキクスタントウイロイド病(CSVd)が広がり深刻な問題となっている。また、環境保全型農業を進めるため、減農薬栽培が可能な病害虫抵抗性品種が強く望まれている。そこで、病害虫抵抗性品種(系統)やイオンビーム照射による突然変異体などより、抵抗性関連遺伝子をクローニングしたのち、遺伝子組換えにより病害虫抵抗性品種を育成する。病害虫抵抗性品種の育成により、減農薬栽培と収量品質の向上が期待される。
研究分担バイオテクノロジー
戦略園芸、ゲノム等先端
予算区分県単
専門育種
部門花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113500
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat