ケーキ用イチゴ新品種の育成   (2)優良系統の特性把握と作型適応性検定

ケーキ用イチゴ新品種の育成   (2)優良系統の特性把握と作型適応性検定

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象イチゴ
概要(目的)ケーキ用イチゴの選抜系統から採取した苗を秋に定植後、翌年春から秋までの収量性や果実品質などの特性を調査し、6〜11月採り作型に適した系統を選抜する。
(得られた成果)一次選抜した系統の特性を明らかにし、現在本県で生産されている品種「エラン」に比べて、高温期に大果で、良食味などの特性をもつ1系統を選抜した。
(残された問題点)収量の増加および安定化のための定植適期の把握
研究分担八女分場
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113542
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat