高品質果実の安定生産技術の開発  (2)カンキツ経営安定のための連年果実生産システムの確立  (i)わい性台木利用による連年安定生産技術の開発

高品質果実の安定生産技術の開発  (2)カンキツ経営安定のための連年果実生産システムの確立  (i)わい性台木利用による連年安定生産技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2004
研究対象温州ミカン
概要ヒリュウ台温州ミカン「青島温州」の着果程度や結果母枝長、結実管理の違いが着花や果実品質、樹冠拡大に及ぼす影響を調査した。樹冠容積1m3あたりの着果数を30〜50個にすると15個に比較して翌年の着花数が減少し、特に50果では着果数も少なくなった。結果母枝長は30cmと長い場合、新梢の発生が多くなり、着花数は少なくなった。また、幼木の樹冠拡大を図るためには、夏季に全摘果して夏枝を発生させる方法が省力的である。
研究分担果樹部
戦略園芸
予算区分受託(独立行政法人)
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113584
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat