1 生産獣医療システムによる生産病防除技術の確立  (1) 肢蹄疾患の予防のための代謝プロファイル診断法の開発

1 生産獣医療システムによる生産病防除技術の確立  (1) 肢蹄疾患の予防のための代謝プロファイル診断法の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜16
年度2004
研究対象乳用牛
概要 県内の主要酪農地帯の3カ所から無作為抽出した酪農経営のうち、肢蹄疾患が多い経営と少ない経営それぞれ5戸について、乳期ごとに分類して血中のビオチン濃度を測定した。また、試験場飼養の乳牛の血液200サンプルを採取し、血中の生化学因子の含量を測定した。これらのデータをもとに、現在、血中ビオチン濃度と肢蹄疾患の関係や、ビオチン量に影響を及ぼす生化学因子を解析中である。
研究分担畜産環境部
戦略畜産
予算区分県単
専門家畜衛生
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113665
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat