主要回遊魚の生態学的研究

主要回遊魚の生態学的研究

県名福岡県
研究機関名福岡県水産海洋技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H10〜16
年度2004
概要<目的>TAC魚種であるマアジ等の回遊魚について来遊資源量を推定し、資源の有効利用を図る。<計画>10〜16年度:マアジの魚群量解析、13〜16年度:リモートセンシング(水温等)によるマアジの漁場形成要因解明、14〜16年度:はえ縄による魚種確認方法の確立、ケンサキイカの漁場形成要因の解明。<期待される成果>出漁判断の重要な情報となる漁況予測情報を漁業者に提供することで、漁家経営の安定に寄与する。<得られた成果>インターネットで漁況予測情報を漁業者に提供している。<成果の受け渡し先>本庁水産関係課
研究分担漁業資源課
戦略農山漁村・水産
予算区分受託(独立行政法人)
専門水産資源
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113800
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat