吸塩植物アイスプラントの佐賀県特産野菜化に関する研究

吸塩植物アイスプラントの佐賀県特産野菜化に関する研究

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜17
年度2004
研究対象アイスプラント
概要(目的・背景)塩分を特異的に吸収する植物アイスプラントの存在が飽きた化になり、干拓地の煙害を根本的に解決する可能性がっでてきたが、その栽培方法や利用方法は確立されていない。そこで、食材や除塩作物としての利用の可能性を検討する。  (期待される効果)1.アイスプラント作付による除塩効果により干拓地におけるタマネギ等の生産が安定する。 2.佐賀県の新たな特産野菜としての導入が図られる。
研究分担白石分場
戦略園芸
予算区分受託
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030113910
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat