微生物の防御機能を利用したメロンえそ斑点病防除技術の緊急開発

微生物の防御機能を利用したメロンえそ斑点病防除技術の緊急開発

県名長崎県
研究機関名長崎県総合農林試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象メロン
概要 土壌中に生息するオルピディウム菌によって媒介されるメロンえそ斑点病を化学農薬に頼らずに防ぐには、抵抗力に優れた種苗の創出と土壌の健全化手法の確立が不可欠となっています。そこで、土壌中やメロン体内生菌等から捕捉し増殖された拮抗微生物資材の評価・選抜を行い、これを利用した環境保全型土壌クリーン化技術の開発に活用します。(i)オルピディウム拮抗微生物資材の評価・選抜
研究分担病害虫科
戦略環境
予算区分受託
専門病害
部門野菜
業績(1)メロンえそ斑点病の発病時期および発病程度が異なるメロン果実のウイルス汚染度
(2)メロンえそ斑点病の発病時期および程度が異なるメロン果実のウイルス汚染度
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114044
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat