第2期魚介類種苗量産技術開発研究(魚類)

第2期魚介類種苗量産技術開発研究(魚類)

県名長崎県
研究機関名長崎県総合水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜22
年度2004
概要・「第2期魚介類量産技術開発研究」では10万尾レベルの量産技術を開発し,栽培・養殖魚種の多様化と地域特性に応じた魚種(早期ブリ,オニオコゼ,ホシガレイ)展開を図る。・早期採卵ブリ:技術移管として,(株)長崎県漁業公社に2月中旬に260万粒の受精卵配布を行った。・ホシガレイ:3月下旬に,全長20mmの稚魚20万尾を生産した。・オニオコゼ:7月中旬に,全長20〜30mmの稚魚5万尾を生産した。
研究分担魚類科
戦略 水産
予算区分県単
専門水産増養殖
部門 海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114118
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat