藻場に対する食害実態調査

藻場に対する食害実態調査

県名長崎県
研究機関名長崎県総合水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜16
年度2004
概要・アラメ場の減少・消失等が県下各地でみられているが,主な原因として考えられる藻食性魚類の摂食生態や食害実態等に不明な点が多い。そこで,藻食性魚類の摂食生態や食害実態を明らかにし,食害対策を考慮した藻場回復策を検討する。・アイゴ,イスズミ,ブダイなど藻食性魚類の摂食痕の特徴を明らかにした。また,アイゴについては,漁場での観察と水槽内実験から,海藻に対する嗜好性があり,ウミトラノオ,マメタワラなどホンダワラ類を好んで摂食することが分かった。 ・アイゴ,イスズミ,ブダイの消化管内容物調査から,ホンダワラ類や小型褐藻類をよく摂食し,その他紅藻,緑藻,動物類など多種多様なものを摂食していることが分かった。
研究分担介藻類科
戦略 水産
予算区分特定及び一部県単
専門水産増養殖
部門 海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114125
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat