オリジナル点滴施肥等による環境負荷低減技術の実証

オリジナル点滴施肥等による環境負荷低減技術の実証

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜19
年度2004
研究対象
概要環境基準を満たした本県独自の点滴施肥法と新しい機能性肥料の施肥法を確立するとともに地力を維持するためのペレット堆肥の施肥法を確立する。処理1年目であるため慣行区との差は見られなかった。点滴施肥区では畝間土壌の無機態窒素量が著しく減少する傾向が見られた。樹勢等への影響を検討する必要がある。新機能性肥料についても同様であり、差は見られなかった。ペレット堆肥の分解特性について検討した結果、埋設直後は油かすに由来する速効性の性質を示し、その後は牛ふん堆肥の緩効性の性質を示した。
予算区分県単
専門栽培生理
部門茶業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114182
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat