早生・中生ナシにおける単収増大のための樹勢及び着果安定技術の開発

早生・中生ナシにおける単収増大のための樹勢及び着果安定技術の開発

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜17
年度2004
研究対象ナシ
概要近年、ナシでは樹勢低下や着果不良等のため単位面積当たりの収量が少なくなっており、これが販売価格の伸び悩みとともに農家経営を不安定にしている最大の要因になっている。そこで、「幸水」「豊水」「あきづき」における樹勢強化と着果安定技術の開発を行い、単収の増大を図る。
研究分担落葉果樹研究室
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114263
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat