温州みかんの低樹高・高品質・省力栽培技術の確立

温州みかんの低樹高・高品質・省力栽培技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県柑橘試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2004
研究対象温州みかん
概要(目的)生産者の高齢化、農業企業者の育成対策として、機械利用可能な高畝栽培等により、管理作業の省力化、高品質果実の連年安定 生産技術の確立を図る。また、高畝栽培圃場の造成方法並びに早期成園化技術を確立する。(これまで得られた成果)大型高畝のフィルムマルチ栽培により、天候不順な年でも高糖度(Brix示度13度以上)みかんが生産された。被覆肥料利用により、施肥量の削減と施肥 回数節減が可能であった。園地造成後の斜度並びにマルチの有無による土壌流亡の程度が明らかになった。(今後に期待される成果)省力的なマルチ被覆方法の開発。液肥施用による高品質・安定生産と樹勢維持法が明らかになる。
研究分担研究部
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114475
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat