若齢期肥育開始・高栄養水準によるF1牛の効率的生産肥育技術の確立

若齢期肥育開始・高栄養水準によるF1牛の効率的生産肥育技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H15〜16
年度2004
研究対象肉用牛
概要 低コスト生産で良質な肉質を得るため交雑種去勢牛(黒毛和種♂×ホルスタイン種♀)を用いて、生後6カ月齢から若齢期肥育を開始し、肥育ステージごとの可消化養分総量(TDN)水準、粗蛋白質(CP)水準、酸性デタージェント(ADF)含量、構造性炭水化物(NDF)、ルーメン内分解性蛋白(RDP)と非構造性炭水化物(NFC)の比率等が発育、産肉性に及ぼす影響を2栄養水準により比較・検討した。その結果、肥育前期、中期、後期のTDN水準を73.6%、76.1%、79.0〜81%。CP含量を13.6%、13.8%、13.5%〜13.1%。ADF含量を15.2%、13.1%、8.3〜7.0%。RDPとNFC比を1:3.7、1:4.1、1:4.5〜5.4と設定した区が肥育中期から後期の混合飼料摂取量が有意に優れ、脂肪交雑等級が他の処理区に比べて良好であった。
戦略畜産
予算区分県単
専門飼養管理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114520
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat