「パパイヤ」高付加価値生産技術の確立による新需要創出

「パパイヤ」高付加価値生産技術の確立による新需要創出

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2004
研究対象パパイヤ
概要トロピカルフルーツとして、周年出荷が期待できるパパイヤの優良系統を選抜するとともに、優良選抜株のバイオ苗育成とバイオ苗の安定大量生産技術を確立する。また、病害虫の発生が少ないので有機・低コストを目指した栽培技術を開発する。とくにパパイヤは樹勢がおう盛なため、省力的な仕立て法を開発する。夏季の着果率の低下、また冬季の品質低下が課題である。
研究分担亜熱帯支場
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114681
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat