牧草及び飼料作物の冠さび病特性検定試験

牧草及び飼料作物の冠さび病特性検定試験

県名宮崎県
研究機関名宮崎県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S51〜
年度2004
研究対象イタリアン等
概要1.目的:国及び県の育種指定機関で育成された牧草及び飼料作物の新系統の冠さび病耐性を検討する。 2.計画:冠さび病に対する耐病性検定 (イタリアンライグラス、ペレニアルライグラス、トールフェスク、フェストロニウム)3.前年度の実績:イタリアンライグラス「山系32号」は中に、友系28号は強に判定した。ペレニアルライグラス「八ヶ岳T21・22・23号」を中と判定した。エンバク「九州13・14・15・16号」を極強と判定した。 
研究分担飼料草地科
戦略畜産
予算区分指定
専門育種
部門草地・飼料作
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114718
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat