奄美地域向き新規品目導入対策試験

奄美地域向き新規品目導入対策試験

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜16
年度2004
研究対象サンセベリア,小輪系グラジオラス
概要(目的)南西諸島においては温暖な気象条件を活かし,様々な花き品目が栽培されている。特に近年は新規品目の導入が盛んになってきているが,育成地と異なる環境条件から,栽培に失敗する事例が多い。そこで当支場において,花き新規品目の導入・試作を行い栽培技術の確立を図る。16年度は球根性花きの春咲き系グラジオラスの作型適応性と,サンセベリアの病害・生理障害について取り組む。(成果)サンセベリアは被覆することで萌芽数が多くなり,出荷本数が増加する。さらに,ビニル被覆栽培することで,病害の発生が軽減された。小輪系グラジオラスの10a当たり植え付け球数は,150,000〜250,00球で切り花品質が優れた。施肥量は,産地基準に比べて15%削減が可能である。
研究分担徳之島支場
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114880
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat