施設ピーマン,ナス,トマト病害虫の生物的防除体系の確立

施設ピーマン,ナス,トマト病害虫の生物的防除体系の確立

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜18
年度2004
研究対象ピーマン,ナス,トマト
概要(成果)現地の施設ピーマンにおいてアザミウマ類の捕食性天敵であるククメリスカブリダニとタイリクヒメハナカメムシの利用と,アブラムシ類対策を組み込んだ体系的な防除を検討した。タイリクヒメハナカメムシの秋季2回放飼(0.5頭/m2/回)は栽培終了までミナミキイロアザミウマの発生と被害を低く抑えた。ククメリスカブリダニは放飼前にふすまを処理することで定着,増加しアザミウマ類の発生を1月までは抑えた。コレマンアブラバチはバンカープラントと併用することで,ワタアブラムシ,モモアカアブラムシを低密度に抑えた。 コレマンアブラバチを1回放飼するとともに,ハウス内に大麦等のイネ科植物にムギクビレアブラムシを寄生させたバンカープラントを維持させる方法は,冬季から春季にかけてアブラムシ類(ワタアブラムシ,モモアカアブラム)を防除する手段として有効であると考えられる。
研究分担病虫部
戦略園芸,環境
予算区分県単
専門病害、虫害
部門新産業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114894
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat