21世紀型肉用牛哺育等管理システムの確立

21世紀型肉用牛哺育等管理システムの確立

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県畜産試験場(鹿児島県肉用牛改良研究所)
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜19
年度2004
研究対象哺乳ロボット
概要肉用牛子取り用雌牛の飼養戸数は,高齢化・後継者不足などにより小頭数飼養の農家が減少しているが,多頭数飼養の農家戸数は年々増加し,総飼養頭数も増加している。また,「21世紀新かごしま総合計画」の創造プログラムとして21世紀型畜産の推進の中で肉用牛経営の生産段階別分業化も推進されている。このような背景の中,肉用牛の哺育段階において,乳用牛用に開発された哺乳ロボットが県内一部地域で導入されているが,肉用牛への使用例が少ないため,十分に活用されているとはいえない。そこで,哺乳ロボットを用いた効率的な飼養管理方法を検討することにより,子牛の商品性の向上を図る。
研究分担肉用牛部
戦略畜産
予算区分県単
専門飼養管理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030114970
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat