高品質暖地型牧草の新品種育成 2.有用形質と分子マーカーの遺伝

高品質暖地型牧草の新品種育成 2.有用形質と分子マーカーの遺伝

県名沖縄県
研究機関名沖縄県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H16〜19
年度2004
研究対象ギニアグラス
概要高品質な暖地型牧草を育種するためには各種の有用形質を有性生殖系統との交配により集積していくことが必要である。しかしながら、沖縄県で利用されている暖地型牧草はアポミクシスや栄養繁殖のため各種の有用形質の遺伝情報の蓄積が少ない。そのため、近年開発されてきている分子マーカーの遺伝情報とともに、有用形質の遺伝を確認することで、環境適応性や採種性、消化性などの有用形質の集積を行うための遺伝的な情報を得ることを目的とする。これにより、有用軽視tの遺伝が明らかとなり、計画的に交配集団の作成を行うことが可能となる。
研究分担牧草育種
戦略作物育種・畜産
予算区分指定
専門育種
部門痩地・飼料作
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115229
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat