栽培漁業推進対策事業(タイワンガザミ)

栽培漁業推進対策事業(タイワンガザミ)

県名沖縄県
研究機関名沖縄県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜16
年度2004
概要 タイワンガザミの種苗放流を継続して行っているが、カニ類は標識の付着が困難で、その放流効果の判定に苦慮している。種苗生産そのものの技術は向上し種苗生産量は多くなっている。そこで、閉鎖的海域へ多量の種苗を集中的に放流して、漁獲量の変動により放流効果を判定する事業を行ってきたが、海域全体の漁獲量が放流前よりも減少してしまい、効果判定に至らなかった。原因は明らかでないが、生育環境の悪化などが考えられる。 
研究分担増殖室
戦略水産
予算区分国庫補助(水産庁)
専門水産増養殖
部門海洋
業績(1)栽培漁業推進対策事業(タイワンガザミ)
(2)シャコガイ増養殖技術開発事業(種苗生産)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115276
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat